■当会について

当学会は、1996年12月14日、言語テストに関心のある有志によって設立されました。わが国の外国語教育改善の視点を外国語能力の測定と評価の研究・実践に求め、国際社会の外国語教育発展に貢献することを趣旨としています。
当学会の趣旨に賛同される方々の、広い参加を期待いたします。


■お知らせ

JLTAワークショップ 2016年9月17日(土)

2016年度日本言語テスト学会(JLTA)ワークショップ
ワークショップ1
日時: 2016年9月17日(土)10時~13時15分(ただし、昼食なしで15分の休憩を含む)
場所: 東海大学湘南キャンパス 12号館 12-310教室
内容: 「はじめて学ぶ効果量 基礎概念から実践まで」講師:長谷川佑介 (上越教育大学),高木修一 (福島大学)
定員: 48名

ワークショップ2
日時: 2016年9月17日(土)14時~17時15分(ただし、15分の休憩を含む)
場所: 同上
内容: How good is your test? First step: Ministep
参加費: Myles GROGAN (Kansai University)
定員: 35名

8月10日以降、JLTA公式サイトに申込先を準備いたしますのでそちらからご登録ください。
各ワークショップとも参加費は1000円、両方に参加頂く場合には参加費2000円頂戴します。

問い合わせ先: 横内裕一郎(弘前大学): u16yoko@gmail.com

 

JLTA 2016

日本言語テスト学会 (JLTA) 第20回全国研究記念大会プログラム
(PDF 簡易版  完全版)

The 20th Anniversary Conference of the Japan Language Testing Association (PDF Simplified   Full version)

 

日本言語テスト学会 (JLTA) 第20回全国研究記念大会のご案内と研究発表者募集 (延長:7月8日締め切り)

日本言語テスト学会 (JLTA) 第20回全国研究記念大会を下記の要領で開催いたします。皆さまのご参加と、大会テーマや言語テスト・評価全般に関連した研究発表のご応募をお待ちしております。

今回は、JALT (Japan Association for Language Teaching) Testing and Evaluation Special Interest Group (TEVAL SIG: http://teval.jalt.org/) が協賛となり、JALT TEVAL SIG会員はJLTA会員と同じ扱いで、ご参加・ご発表いただけます。

今回も基調講演・シンポジウムが英語でなされ、Korea English Language Testing Association (KELTA) からの発表者もお呼びする予定です。英語による発表も歓迎いたします。

発表時間は、発表20分と質疑応答10分です。「第一発表者としての発表は一人一回のみ可」で、第一発表者以外での発表回数には制限はありません。

開催日:2016年9月17日 (土)~2016年9月18日 (日)
講演・シンポジウム・発表は18日
会場:東海大学湘南キャンパス (〒259-1292 神奈川県平塚市北金目4-1-1)
http://www.u-tokai.ac.jp/about/campus/shonan/

大会テーマ:コミュニケーションスキルに基づいた大学入試の妥当性と実行性の狭間で:改革の可能性

参加費:学生・JLTA会員・JALT TEVAL SIG会員:1,000円、未会員:3,000円
研究発表申し込み期間:2016年5月7日 (土)~7月8日 (金)
大会ホームページ: https://jlta.ac/

第1日目:ワークショップ
2016年9月17日 (土)
Workshop 1:10時~13時15分 (但し、昼食なしで15分の休憩を含む)
会場:東海大学湘南キャンパス 12号館 12-310教室
タイトル:「はじめて学ぶ効果量 〜基礎概念から実践まで〜」
講師:長谷川佑介 (上越教育大学),髙木修一 (福島大学)
参加費:1,000円
定員:48名

Workshop 2:14時~17時15分 (但し、15分の休憩を含む)
会場:東海大学湘南キャンパス 12号館 12-310教室
タイトル:How good is your test?—First step: Ministep
講師:Myles GROGAN (Kansai University)
参加費:1,000円
定員:35名

注意:第2日目に参加されない場合、ワークショップ参加費のみをお支払いいただきます。ワークショップは1つだけでも、両方でもご参加が可能で、どのような形でも歓迎いたします。2つのワークショップにご参加いただく場合には、ワークショップ参加費を両方でお支払いいただきます。申し込み方法等は、後日お知らせいたします。

第2日目:基調講演・シンポジウム・研究発表等
2016年9月18日 (日)
<基調講演>
講演者:Gary OCKEY (Iowa State University)
演題:Some possible ways forward for including oral communication on Japanese university entrance exams (仮題)

<シンポジウム>
テーマ:Between Validity and Practicality of University Entrance Exams Based on Communication Skills: The Possibility of Reform (コミュニケーションスキルに基づいた大学入試の妥当性と実行性の狭間で:改革の可能性)
コーディネーター:長沼君主 (東海大学)
パネリスト:葛城 崇 (楽天株式会社 グローバル人事部副部長  文部科学省 中等教育局国際教育課 英語教育改革プロジェクト前マネージャー)
タイトル:Reforming University Entrance Examinations of English: Background and Future Plans
パネリスト:森 博英 (東京女子大学)
タイトル:Challenges for Implementing English-Communication-Skill Tests on Japanese
University Entrance Exams: Stories So Far and Stories to Come (tentative)
討論者:Gary OCKEY (Iowa State University)

<研究発表申し込み>
研究発表申し込み期間:2016年5月7日 (土)~7月8日 (金)
研究発表時間:発表 (20分)、質疑応答 (10分)
研究発表希望者は、電子メールにより、宮崎啓 keimiyazaki67@gmail.com 宛てに下記の内容をご送付下さい。電子メール送付の際の件名は「JLTA2016研究発表申し込み_第一発表者氏名」(例:「JLTA2016研究発表申し込み_東海太郎」) でお願いいたします。
第一発表者としての発表は一人一回のみ可です。それ以外での発表回数には制限はありません。
発表お申し込み後に審査を行い、代表者に結果をお知らせいたします。
<注意>
電子メールにはファイルを添付せず、情報はすべて本文中に書くようにお願いいたします。申請後7日以内に受領のメールを送付いたします。もし申請後7日以内に返事がなければ、お手数ですが、事務局にお問い合わせ下さい。

1) 発表題目
2) 発表者全員の氏名とローマ字、所属機関
3) 発表概要 (英語の場合:400語程度・日本語の場合:800字程度)
4) 代表者名とそのe-mail address
5) 使用機器 (下記リストからお選びください。)
-特になし
-PCに接続するプロジェクタ
<注意>ご発表にプロジェクタを使われる方へ
(a) PCはご自身でご準備ください。音声ケーブル (ステレオミニプラグによるPC接続用)およびRGBケーブル (D-sub15ピン) は発表会場にあります。Mac用のケーブルはご自身でご準備ください。
(b) PCとの接続作業は各自で行ってください。
(c) 予測できない不具合に備え、ハンドアウトのご持参をお勧めいたします。

発表者の資格:(a) JLTA会員。または、JALT TEVAL SIG会員
(b) 未会員で、研究発表費3,000円を当日支払った方
プログラムに掲載する共同研究者すべてに適用します。研究発表費は、参加費とは別にお支払いいただきます。
研究発表費3,000円の支払いは、学会当日の受付にてお願いいたします。なお、発表審査通過後にJLTA会員になることも可能です。事務局にご連絡ください。

研究発表審査結果:2016年7月17日 (日) までにe-mailにてご連絡いたします。

<広告と展示> (7月17日締め切り)
費用: JLTA会員 未会員
A4サイズ半ページの場合: 2,500円 10,000円
A4サイズ1ページの場合: 5,000円 20,000円
テーブル一脚 10,000円 40,000円
展示は第2日目に行うのが一般的ですが、ご希望があれば第1日目にもご展示可能です。
詳細については、本学会事務局にお問い合わせ下さい。
JLTA事務局 (小泉利恵):E-mail: rie-koizumi@mwa.biglobe.ne.jp

The 20th Japan Language Testing Association Anniversary Conference (JLTA 2016): Call for Papers (Deadline: June 8)

The Japan Language Testing Association (JLTA) invites presentation proposals for its 20th anniversary conference. We look forward to receiving your proposals related to the conference theme, and to language testing and assessment in general.

This year’s conference will be co-sponsored by the Japan Association for Language Teaching (JALT) Testing and Evaluation Special Interest Group (TEVAL SIG: http://teval.jalt.org/). Members of JALT TEVAL SIG can participate in and present at the conference in a similar manner as JLTA members can.

At this year’s conference, the keynote speech and the symposium will be presented in English. We are also expecting presenters from our partner association, Korea English Language Testing Association (KELTA). We welcome proposals for presentations to be given in English.

Presenters will each have 20 minutes to present their papers; this will be followed by 10 minutes for discussion. Note that each participant can present multiple times, but only once as the paper’s first presenter.

Dates: September 17, 2016 (Saturday) to September 18, 2016 (Sunday; Main conference with a keynote speech, a symposium, and paper presentations)
Venue: Tokai University, Shonan Campus
(4-1-1 Kitakaname, Hiratsuka-shi, Kanagawa 259-1292) http://www.u-tokai.ac.jp/english/access.html#Anc_Shonan
Theme: Between Validity and Practicality of University Entrance Exams Based on Communication Skills: The Possibility of Reform

Attendance Fee: Student, JLTA Member, JALT TEVAL SIG Member: 1,000 yen
Non-JLTA-member: 3,000 yen
Period of submission for presentation proposals: May 7, 2016 to July 8, 2016
Conference website: https://jlta.ac/

Day 1: Workshop
<Workshop 1>
Date/time: September 17, 2016 (Saturday), 10:00-13:15 (with a 15-minute break)
Venue: Tokai University, Shonan Campus (Room 12-310 in Building 12)
Title: Introduction to effect size: Basic concepts and practices
Lecturers: Yusuke HASEGAWA (Joetsu University of Education), Shuichi TAKAKI (Fukushima University)
Language of instruction: Japanese
Attendance Fee: 1,000 yen
Capacity: 48 participants

<Workshop 2>
Date/time: September 17, 2016 (Saturday), 14:00-17:15 (with a 15-minute break)
Venue: Tokai University, Shonan Campus (Room 12-310 in Building 12)
Title: How good is your test?—First step: Ministep
Lecturer: Myles GROGAN (Kansai University)
Language of instruction: English
Attendance Fee: 1,000 yen
Capacity: 35 participants

Note: Interested parties are welcome to participate in the workshop only (without paying the conference attendance fee). They can participate in both or either of the workshop. If they attend both, they will pay 2,000 yen. The workshop registration will be announced later.

Day 2: Keynote speech, symposium, paper presentation
Date/time: September 18, 2016 (Sunday)
<Keynote Speech>
Speaker: Gary OCKEY (Iowa State University)
Title: Some possible ways forward for including oral communication on Japanese university entrance exams (Tentative)

<Symposium>
Title:Between Validity and Practicality of University Entrance Exams Based on Communication Skills: The Possibility of Reform
Coordinator: Naoyuki NAGANUMA (Tokai University)
Panelist: Takashi KATSURAGI (Rakuten Inc., Former Project Manager for English Education, Ministry of Education (MEXT)
Title: Reforming University Entrance Examinations of English: Background and Future Plans
Panelist: Hirohide MORI (Tokyo Women’s Christian University)
Title: Challenges for Implementing English-Communication-Skill Tests on Japanese
University Entrance Exams: Stories So Far and Stories to Come (tentative)
Discussant: Gary OCKEY (Iowa State University)

———————————————————————————–
<Paper Presentations>
Period of submission: From May 7, 2016 to July 8, 2016 at midnight, Japan time
Presenters will each have 20 minutes to present their papers; this will be followed by 10 minutes for discussion.
Those wishing to present papers should send the information listed below by e-mail to Kei Miyazaki keimiyazaki67@gmail.com  The subject line of the e-mail should read “JLTA 2016 Submission_First Presenter Name” (e.g., “JLTA 2016 Submission_Richard_DAVIDSON”).

Note that each participant can present multiple times, but only once as the paper’s first presenter.
After the review process, notification of acceptance will be sent to the contact persons via e-mail.
Note that all information should be included in the text of the e-mail and no files should be sent as attachments.

JLTA will send applicants a letter of receipt via e-mail within 7 days of their submitting JLTA presentation proposals. In case a reply is not received from JLTA within 7 days, applicants are requested to send an inquiry to the JLTA Secretariat.

Please include the following information:
1) Presentation title
2) Names and affiliations of all presenters: The name should be given in English, in the order of first name followed by surname (e.g., Richard DAVIDSON).
3) A 400-word (or 800-Japanese-character) abstract
4) Name of contact person and his/her e-mail address
5) Any equipment required for the presentation (Please choose from the list below)
-No equipment required
-Projector (for computer)

*If the presenters wish to use a projector, they should follow the procedures listed below:
(a) Presenters should bring a PC. There will be an audio terminal connector (for PC connection through a stereo mini plug) and a D-sub 15-pin cable (for audio) in the presentation room. Mac users should bring their own Mini DisplayPort to VGA Adapter;
(b) Presenters must take responsibility for connecting their PC to the projector;
(c) Presenters should bring handouts as an alternative in case of technical failure.

Presenters may either be JLTA members, JALT TEVAL SIG members, or non-members. Non-members will be required to pay 3,000 yen (in addition to the Attendance Fees). This rule applies to all presenters on the program. The fee can be paid at the conference registration desk on the day of the conference. It is possible for presenters to obtain JLTA membership after their paper has been accepted. For further details, please contact the JLTA Secretariat.

Notifications regarding the acceptance or rejection of proposals will be sent no later than July 17, 2016 via e-mail.

<Advertisements and Exhibitions> (Deadline: July 17):
Price               JLTA Members Non-Members
Advertisement (half page of A4-size paper) 2,500 yen 10,000 yen
Advertisement (one page of A4-size paper) 5,000 yen 20,000 yen
Exhibition (one long table) 10,000 yen 40,000 yen

For further information on advertisements and exhibitions, please contact the JLTA Secretariat
(Rie KOIZUMI): E-mail: rie-koizumi@mwa.biglobe.ne.jp

第42回研究例会

盛会のうちに終了しました。ご関係の方々、ありがとうございました。

1)テーマ「多様な日本語環境にある日本語使用者のための会話能力評価―地域外国人にも注目してー」
2)日時 2015年10月24日(土) 13:00~17:00
3)場所 常葉大学静岡キャンパス瀬名校舎
4)プログラム
12:30~ 【受付】
13:00~14:15 【基調講演】
鎌田 修先生(南山大学)「日本語会話能力テストの研究と開発:国内外の教育環境及び多文化地域社会を対象に」
14:15~14:30 【休憩】
14:30~16:00 【事例研究】
1.内山 夕輝先生(浜松市外国人学習支援センター[U-ToC・ユートック])「浜松版日本語コミュニケーション能力評価システム」
2.入江 友理先生(名古屋大学とよた日本語学習支援システム)「とよた日本語能力判定」
16:00~16:15 【休憩】
16:15~17:00 【フロアを交えたディスカッション】
5)参加費 会員および学生は無料。それ以外の方は500円
6)問い合わせ先 谷 誠司(常葉大学)